きんふく

癒し・美容・健康部門

きんふくトップ > ホーム > メディカルアロマの資格

メディカルアロマの資格

メディカルアロマの資格

メディカルアロマテラピーとは

アロマテラピーには二種類あることをご存じでしょうか?
一つは、花やハーブの香りの効果でほっとリラックスするイギリス式「アロマセラピー」。 そしてもう一つは、私たち日本メディカルアロマテラピー協会が提唱・啓蒙しているフランス式「メディカルアロマテラピー」です。
名前の通り、メディカルアロマテラピーは香りだけではなく、精油の力で病気になる前の不調な体のケアや、病気とは認められない症状を改善する「代替医療」です。
そもそものアロマテラピーは、1928年フランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセが、実験中にやけどをした際にラベンダーの精油を用いたことから生まれました。 『アロマテラピー』と名付けて出版したこの療法が、メディカルアロマテラピーの起源です。
さらに1961年、精油を植物油に希釈(薄めること)してマッサージする方法が編み出され、美容やストレス解消・癒しを目的とするアロマテラピーが提唱されました。 これがイギリスに伝わりましたが、医療としては認められずに、リラクゼーションとしてのアロマテラピーが定着したのです。
特に日本ではフランス式はとても少なく、マッサージや癒しがアロマテラピーの代名詞になっていますが、「メディカルアロマテラピー」は成分を直接体に取り込み、治療するので、効果の違いはいうまでもありません。
(NPO 日本メディカルアロマテラピー協会より抜粋)

このようにメディカルアロマとはアロマを使用し、人が本来持っている自然治癒力を高めるということを目的としています。 従来のアロマは嗅覚を刺激してリラックスなどの癒しを提供していますが、メディカルアロマでは嗅覚だけでなく身体を刺激します。 皆様、この機会に是非ともメディカルアロマを知っていただきあなたのスキルを伸ばしませんか。

JMAA

資格を取得すると

メディカルアロマのメリット

セラピストになると

☑ 自分や家族の健康管理ができる
☑ 自分のスキンケアをつくることができる

セラピスト講師になると

☑ セラピストを育成することができる
☑ ミニ講座などを開催することができる

アドバイザーになると

☑ 処方をつくることができる
☑ 講座の開催をすることができる
☑ サロンなどで活かすことができる

資格種類

セルフケアセラピストシリーズ

セルフケアセラピスト講座

家庭で体の病気に対して、家族の為に使える資格取得講座

ママ&キッズセルフケアセラピスト講座

家庭で妊産婦・授乳中・ベビー・キッズの体の病気に対して使える資格取得講座

ペットセルフケアセラピスト講座

家庭でペットにメディカルアロマを使える資格取得講座

セルフケアセラピスト講師シリーズ

セルフケアセラピスト講師育成講座

家庭での体の病気のケア方法を教える講師でレシピの作り方を教える講師資格取得講座

ママ&キッズセルフケアセラピスト講師育成講座

家庭で妊産婦・授乳中・ベビー・キッズの病気のケア方法を教える講師で、レシピの作り方を教える講師資格取得講座

ペットセルフケアセラピスト講師育成講座

家庭でペットの病気のケア方法を学び、レシピの作り方を教える講師資格取得講座

アドバイザー

アドバイザー講座

処方を作りアドバイスまでできるようになる資格取得講座

ゆう・ゆう